特徴

中年太りの特徴は、食べている量が変わらないし、これまでの主な生活習慣は変わっていないのに太りやすい、お腹と下半身が太りやすい、40代過ぎから急に太ってしまうこと等です。

このような中年太りの特徴には、加齢によって基礎代謝量が低下してしまうことが深く関係しています。それに加えて体力や筋力が衰えて体を動かす機会が減ってしまうことで中年太りに輪をかけてしまうのです。女性では更年期なども大きく関わってきますが、基本的には加齢からくる基礎代謝量の低下が中年太りに大きく影響してしまうとされています。

普通は中年世代になると、大抵の人が肉や揚げ物などの脂っこい食事でなく煮物や魚などの和食やさっぱりした薄味の料理を好んで食べるようになってくるものです。このように中高年世代はヘルシーな料理を好んで食べているのに、どうしてお腹が出てきたり、中年太りと呼ばれるような体型になってしまうのでしょう。

人間には生きていくうえで最低限必要となるエネルギーがあり、そのエネルギーが基礎代謝量です。基礎代謝量は10代をピークとして加齢とともに減少の一途とたどります。そして若い頃よりも少ないエネルギーで生活できるようになるのです。つまり、若い頃よりも少ないエネルギーで生活できるのに、食事量が変わらず同じカロリーを摂取していくことで、消費できないカロリーが蓄積されていくと中年太りとなってしまうのです。

そのため、食習慣や好みが変わったとしても意識して摂取カロリーを抑えていかないと中年太りになってしまうのです。

中年太りについて


メカニズム
下半身
特徴
ダイエット
運動不足
生活習慣
隠れた中年太り


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で