運動不足

運動不足は体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。運動不足で引き起こされるもので特に危険なのが、心臓疾患です。適度な運動を続けていかないと心臓から送り出される血液の量が減ってしまい、体へ送られる血液供給量が不足してしまうことになります。

心臓疾患の他にも、血管が硬くなって弾力性を失ってしまう動脈硬化や、骨がもろくなってしまう骨粗鬆症になってしまう可能性があります。運動不足は私達が思っている以上に体に悪影響を与えてしまうのです。

筋肉によって摂取したカロリーを多く消費されます。特別に運動をしなくても日常生活でのエネルギーの約35パーセントは筋肉によって消費されると言われています。ただでさえ中年になって基礎代謝量が減ってしまうことで、中年太りしやすい状態なのに、運動不足で筋肉が減ってしまうと、様々な疾患を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

そのため、中年太りを予防するために毎日有酸素運動などを行うようにしましょう。しかし、無理をせず体に負担にならない程度で、自分に合った運動をおこない、継続させることが大切です。

筋肉をつける事によって基礎代謝の低下を防ぐことができ、脂肪を燃焼させる効果が得られます。そのため、軽くても構わないので筋肉をつけることを意識して運動を行って、加齢とともに起こる筋力の低下や体力の低下を防いでいきましょう。

運動不足な状態から少しずつ運動を行うことで筋肉に圧がかかり、滞っていた血液やリンパを押し戻す動きが働いてくるので様々なよい効果が期待できます。

中年太りについて


メカニズム
下半身
特徴
ダイエット
運動不足
生活習慣
隠れた中年太り


五反田 透析
五反田で透析なら五反田ガーデンクリニック!

コンプラビン 副作用
コンプラビンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!