隠れた中年太り

隠れ肥満とは、肥満度数は低いのに体脂肪率が高い人の事をいいます。中年太りに見えなくても隠れ肥満の人が多いようです。

中年太りの元となる脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪とは体の表面についてしまう脂肪で、なかなか落としにくい脂肪のことです。内臓脂肪とは筋肉と内臓の間につく脂肪のことで、比較的落としやすい脂肪のことです。皮下脂肪は手でつまめるので脂肪量を確認しやすいのですが、内臓脂肪は目に見えないため脂肪量を確認することができません。一般的にいう中年太りは内蔵脂肪型肥満と言われています。

現代は飽食の時代であり、過食や運動不足によって内臓脂肪型肥満が増加している傾向にあります。内臓脂肪が多くつきすぎると糖尿病や高血圧、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病などの病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

中年太りは男性に多いといわれています。内臓脂肪は基本的に筋肉を動かす際の熱源となりますので、筋肉量が多い男性と筋肉量が少ない女性を比べてみると、男性の方が内臓脂肪を多く持つ傾向があるようです。そのため中年太りというと中年男性の代名詞というようなイメージが強いのかもしれません。しかし、この厄介な内臓脂肪は運動をすることによって皮下脂肪より落としやすいものです。

内臓脂肪は隠れ肥満の原因となりますので、痩せているからといって安心はできません。年齢を重ねたら内臓脂肪についてもちゃんと測定するようにして隠れ肥満を予防していきましょう。

中年太りについて


メカニズム
下半身
特徴
ダイエット
運動不足
生活習慣
隠れた中年太り


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!