お米

食物繊維が非常に豊富に含まれている発芽玄米を主食とする食生活が見直されつつあります。玄米にはビタミンなどの栄養素も豊富に含まれています。

玄米には糖質のほかに、まわりについている皮の部分にはたんぱく質や脂肪があり、ビタミンB1をはじめとしてB群全体を含んでいるためビタミンバランスがよく、ミネラル成分も豊富に含まれています。また玄米に含まれているたんぱく質のアミノ酸バランスは、人間の細胞を作るうえでとてもよい構造をしています。

通常白米の栄養分である糖質をエネルギーに変えるためにはビタミンB1が必要となります。栄養分が糖質だけである白米に比べて、玄米はビタミンB1を豊富に含んでいるため、とても効率がよく、余分に糖質が吸収されるのを自然に防いでくれます。さらに玄米は食物繊維を白米の3倍以上含んでいることから、余分になった栄養素を排出することができて、腸内環境が整えられるので便秘の解消にも役立ちます。

玄米は主食ですが栄養素がたくさん含まれていて、玄米だけで必要な栄養素の相当量がカバーされるため、おかずが少なくても栄養バランスを保つことができます。また玄米は歯ごたえがあってかむのに時間がかかるため、自然と食事する時間が長くなって、少ない量でも満腹感を得やすいという特徴があります。

このように玄米は早食いを防ぐことができ、消化が遅く少しずつ糖質が吸収されていくので、脂肪が溜まりにくく満腹感も持続されるものです。玄米はダイエットにとても効果的な食材であり、中年太りを解消するための食事に是非取り入れていきたいものです。

中年太りと食事


中年太りによい食事
食事方法
お米
おかず
飲酒



アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/