ビタミン

中年太りは、単に食べ過ぎと運動不足だけが原因になるわけではありません。中年太りの体の代謝機能の低下は、白髪や老眼などと同じで老化現象のひとつです。体が老化することによって様々な細胞や器官が衰えてくると、本来の体の役割が果たせなくなり太りやすい体になってしまいます。中高年が太らない体づくりをすることは、健康促進のほかに肌のハリやツヤを取り戻すという美容的な若返りを期待することができます。

私たちは呼吸するたびに、老化や様々な病気の原因となる活性酸素を発生させています。活性酸素は体の細胞に入り込んでタンパク質や脂質を酸化させて、細胞の働きを低下させてしまいます。本来、私たちは体内に酵素を持っていて、活性酸素を毒性の低いものに変えることができます。この酵素は20代の若い体内には十分にあるのですが、40代からは減ってくるようになります。

そこで、中年太りしないためにこの酵素が減ってしまうのを抑えて、減ってしまった分を補う必要があります。酵素を補うために抗酸化物質を多く取り入れていくとよいでしょう。そしてこの抗酸化栄養素として注目されているのがビタミンで、ニンジン、カボチャなどのベータカロテン、レモン、ミカンなどのビタミンC、アーモンド、ほうれん草、イワシなどのビタミンEです。

また最近注目されている抗酸化物質が赤ワイン、ブルーベリー、ココア、緑茶、リンゴ、大豆などに含まれているポリフェノールやレタス、春菊、玉ねぎ、大豆、緑茶などに含まれているフラボノイドなどのファイトケミカルスです。

中年太りと食生活


早食い
ビタミン
体脂肪
朝食
たんぱく質



貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

省エネ 山形
こちらで