朝食

朝食は、一日のエネルギーの中でも最も消費が大きい食事なので、体脂肪を気にする必要がありません。さらに、朝食は体温を上昇させる作用があります。中年太りでダイエットを試みるのであれば、朝食重点をおいて昼食や夕食を軽めにするとよいでしょう。

朝食を摂る習慣がある人は食事のサイクルが整っているので、代謝が正常でスリムな体型を維持できている人が多いようです。朝食とダイエットは深く関係しています。朝に空腹感を感じない人は食生活が不規則になっている場合があります。夕食を食べすぎている人や夜食を食べていると朝まで胃がもたれて空腹感が得られないようです。

また朝食を抜いてしまうことで感じる過度の空腹感によって、昼食を食べ過ぎてしまうことが肥満の原因になっている場合があります。人の体は空腹時間を飢餓状態と認識する傾向があり、空腹が長く続くと飢餓対応のために次に取り入れる食事をなるべく体脂肪に変えようとしてしまうのです。

そのため朝食を摂らず空腹を我慢した状態で昼食をむかえてしまうと、その反動で食べすぎてしまううえに、脂肪も生成されやすくなってしまうのです。中年太りに限らずダイエットを成功させるためには、規則正しい生活を行って、きちんと朝食をとることが重要なのです。

ダイエット中の朝食は、野菜をなるべく多く摂る、1品は主食を摂る、カロリーを摂り過ぎないといった3点に気をつけるようにしましょう。野菜はビタミン不足を補えるものですし、主食は大切なエネルギー源となり便秘の予防になります。

中年太りと食生活


早食い
ビタミン
体脂肪
朝食
たんぱく質



鹿児島空港 レンタカー
鹿児島空港 レンタカー・レンタカー 鹿児島空港