洋梨型の肥満

洋なし型の肥満は、皮下脂肪型肥満と呼ばれ皮下の下に脂肪がついていきます。お尻や太ももの周辺によぶんな脂肪がついていきます。

洋なし型肥満はりんご型肥満に比べて、内臓の周辺につく脂肪が少ないことから、生活習慣病や様々な疾患に対する危険性が少ないと思われがちですが、洋なし型肥満も体脂肪が多いのは事実なので油断はできません。

洋なし型肥満はりんご型肥満よりも肝臓へ脂肪が取り込まれるのがゆるやかですが、脂肪細胞に脂肪が溜めこまれていることに変わりはないので、長期的に見るとりんご型肥満と同じように、血液がドロドロと濁って高脂血症や動脈硬化などを引き起こす原因となってしまいます。動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞まで発展してしまうことがあるのでとても危険です。

洋なし型肥満の特徴は、お尻や下腹部、太ももといった下半身に脂肪がつくことで、特に女性に多く見られる太り方です。女性では妊娠や出産する時に皮下脂肪がエネルギー源となるので、あまり減らしすぎることは危険なのですが、皮下脂肪が蓄積されたまま代謝されないとセルライトとなってしまうので注意が必要です。

ウエスト÷ヒップが女性で0.8以下、男性で1.0以下であれば洋なし型肥満です。洋ナシ型肥満の脂肪は皮下脂肪で内臓脂肪よりも代謝が悪いため、分解されにくい性質です。また、洋ナシ型肥満は外見的に肥満体型が目立ってしまう特徴もあります。しかし、皮下脂肪は外から刺激を加えやすいので、マッサージで血行を促してあげて運動や食事制限を併用していけば徐々に効果が現れてきます。

中年太りの見極め


洋梨型の肥満
りんご型の肥満
危険性
理由
体脂肪率



ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/