りんご型の肥満

りんご型の肥満は、主に内臓周辺に脂肪がつきます。生活習慣病と関わりが大きいのも、このりんご型になります。

りんご型肥満は内蔵脂肪型肥満ともいわれ、おなかの中の内臓の周辺に脂肪がついてしまう肥満のことです。中年太りでおなかが出てしまったタイプがりんご型肥満で、男性に多い肥満型です。女性のりんご型肥満は更年期以降に増加する傾向にあります。内蔵脂肪は皮下脂肪よりも落としやすいことから、りんご型肥満は努力次第で比較的解消しやすい肥満型です。

りんご型肥満は内蔵脂肪型肥満なので、糖尿病や高血圧、高脂血症を合併しやすく、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす確率も高くなってしまいます。最近お腹が気になる方やズボンが前よりきつくなった方などは注意が必要です。

ウエスト÷ヒップが女性で0.8以上、男性で1.0以上であればりんご型肥満です。りんご型肥満は中年以降の男性ではビール腹と言われ、女性も含めて中年太りなどと言われています。りんご型肥満は肉や甘い物、辛い物などを食べ過ぎることによって、内臓周辺に老廃物がたまって代謝が追いつかなくなる状態です。

りんご型肥満では血行の良い内臓周辺に脂肪がつくため、早く脂肪が蓄積されてしまいますが、分解されるのも早いことから、運動や食事制限をすることで比較的容易に脂肪を落とすことができるようです。特に体脂肪を直接のエネルギーとして使用する有酸素運動が有効なため、ウォーキングやジョギングを習慣にしていくことでりんご型肥満を解消していきましょう。

中年太りの見極め


洋梨型の肥満
りんご型の肥満
危険性
理由
体脂肪率