夜更かし

現代の日本では、生活習慣が乱れて夜型の生活になっている人がたくさんいるようです。生活リズムが夜型になってしまうと、夜更かしになりどうしても何か食べたくなってしまいます。そして夜中に糖分の多いお菓子や、塩分やカロリーが高いカップラーメンを夜食にしてしまうことで中年太りとなってしまいます。

現代は24時間営業のコンビニがどこに行ってもあり、食べ物がほしい時にいつでも買える便利な世の中になっています。夜食でなくても夜遅くなってから食事を摂ることはおすすめできません。夜は身体を動かす機会も少なく消費されるエネルギーが日中よりも極端に減ってしまいます。夜間に食事を摂る事で肥満となる確率が非常に高くなってしまいます。

また夜型の生活を送っている人は朝食を抜いていることが多いようです。夜更かしして夜食をとっていると胃がもたれてしまい、朝になっても食欲がわかないのです。その結果として朝食を食べず1日2食の生活となり食生活のリズムが乱れてしまいます。朝食を抜いてしまうと体は飢餓状態に陥り、エネルギーの吸収を高めて抜いた食事の分を取り戻そうと働くため、結果としてまとめ食いやドカ食いとなり、体脂肪を増やしてしまうことになるのです。

食べてすぐに寝るという習慣が身についてしまうと、確実に肥満や中年太りを招いてしまいます。また肥満だけでなく消化不良によって内蔵機能が低下してしまい、胃腸障害、肝機能障害等を引き起こしてしまう可能性もあります。夜更かしをやめて、就寝前の3時間は何も食べないようにし、規則正しい生活のリズムを整えて中年太りを解消していきましょう。

中年太り改善ポイント


食生活
ストレス解消
夜更かし
プチ断食
48時間のプチ断食
プチ断食の方法
食事の時間帯



マイスリー 添付文書
マイスリーの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!