プチ断食の方法

プチ断食は3日間のスケジュールで行われます。1日目は断食前の準備となり、2日目は断食本番、3日目は回復というスケジュールになっています。土日が休日となっている方では、金曜日からの週末にかけて行うと、生活リズムを壊すことなくできるのでおすすめです。

1日目の断食前の準備では、本格的な断食を行う前に体を慣らすことが目的となります。1日目は朝食をいつも通りに食べ、昼食はいつもの7〜8割程度に量を減らし、夕食はいつもの半分程度にしてください。急激に食事を減らしてしまうと胃に負担がかかってしまいますので、少しずつ減らす方法で胃を慣らしていきます。その際夕食は就寝の3時間前までに済ませるようにして、アルコールは控えてください。

2日目の断食本番では、食べ物は一切摂ることができません。しかし、何も口にしないと脱水症状を引き起こしてしまう危険性があるため、普段より水分を大目に摂るようにしてください。その際お水やお茶が一番良いのですが、どうしても我慢できないようであれば、野菜ジュースやスポーツ飲料などを飲むと良いでしょう。

3日目の回復では、朝食からなるべく胃腸に負担をかけない食事を少しずつ食べるようにしていきます。約30時間食事をしていない状態なので、朝食はお粥などの消化が良いものがおすすめです。朝食と昼食は少なめの量をとり、夕食は脂っこいものやアルコールを控えていつも通りの食事をしてください。

プチ断食は3日目の回復日が重要です。お腹が空いているからと暴飲暴食してしまうと、断食が無駄になり、胃が大きくなってかえって太ってしまう危険性もありますので気をつけましょう。

中年太り改善ポイント


食生活
ストレス解消
夜更かし
プチ断食
48時間のプチ断食
プチ断食の方法
食事の時間帯



不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!