運動

中年太りのための運動には軽い有酸素運動がおすすめです。有酸素運動とは、酸素を取り入れ、糖や脂肪などを使ってエネルギーを作りながら長時間できる運動です。代表的なものには、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングがあります。

有酸素運動は酸素を多く取りいれながら行う運動のことで、楽しみながらできるものです。たくさん取りこんだ酸素を使って、体内にある糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼していき、ゆっくりとエネルギーを生み出していきます。

有酸素運動では乳酸が生じないので疲れが蓄積せず、長時間運動を続けることができます。途中からだんだんエネルギー源が体脂肪に切り替わっていき、体脂肪が燃焼されるようになります。有酸素運動では呼吸がいつもよりも軽く弾むように深い呼吸となるため、より多くの酸素を体に取り込むようになります。

血液中には脂肪が流れていて、その脂肪を体脂肪になる前に酸素と結合させて燃焼させると肥満を予防することができます。そのため有酸素運動でまず燃焼されるのは血中脂肪で、その次にすでに体についている体脂肪が燃焼されます。

脂肪を分解して燃焼させるには充分な酸素量が必要です。かといって息が切れてしまうようなきつい運動をするとすぐにバテてしまい脂肪の燃焼まで至らないこともあります。脂肪は運動を開始してから20分くらいしないと燃焼し始めないのです。

中高年で日頃から運動をしていない方は、はじめは15分程度の軽い運動から始めて、徐々に増やしていき毎日30分程度の運動ができれば良いでしょう。有酸素運動は無理なく継続できることが一番大切なのです。

中年太りと運動


運動
ストレッチ
ウォーキング
基礎代謝
基礎代謝の低下



リキスミア 添付文書
リキスミアの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!