ウォーキング

中年太りの代謝機能の低下を防ぐためには、活動的に生活をして消費されるエネルギーを増やすことや運動を習慣づけることで筋肉量を維持していくことが大切です。ウォーキングは特別に道具をそろえる必要がなく、いつでも誰でも気軽に始めることができるので、中年太り解消法の一つとしてとても人気があります。

基礎代謝の約35%は筋肉によって消費されるものといわれています。そのため、ウォーキングをはじめとした運動を行うことで筋肉に刺激を与えると、自然に基礎代謝がアップして太りにくい体につながっていきます。

しかし、中高年では普段から体を動かす習慣がない人が多いものです。体動かす習慣がない人が急に長時間にわたってウォーキングを行うと、体にかかる負担が大きくなってしまうので、まずは正しいウォーキングの姿勢でゆっくり歩くことから始め、少しずつ筋肉をつけていくことをおすすめします。

最初は週に2〜3回程度を目安として、20分くらいのウォーキングを行うようにして、慣れてきたら少しずつ時間や回数を増やしていくと、代謝機能のアップにつながっていきます。軽めのウォーキングを行うだけでも十分に効果が得られますので、焦らずゆっくりと景色を楽しむ程度に気軽に行うとよいでしょう。中年太りを解消させるには何よりも継続が大切なのです。

骨のカルシウムは中高年を過ぎると少しずつ減少していきます。カルシウムが減少してしまうと骨に空洞ができるようになり骨密度が低下して骨粗鬆症などを引き起こしてしまいます。ウォーキングを続けることで、骨の健康維持や骨の強化にもつながっていきます。

中年太りと運動


運動
ストレッチ
ウォーキング
基礎代謝
基礎代謝の低下



レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!