基礎代謝

基礎代謝とは、からだを横たえて全く動かしていない状態のときに、生命活動のために使われるエネルギーのことを言います。呼吸する、心臓を動かす、体温を保つなど生きていくために最低限必要となる最小のエネルギーのことで、一日の消費エネルギーの60〜70%を基礎代謝量が占めています。

一般的な基礎代謝は、成人男性で1日1200〜1600kcal、成人女性で1000kcal〜1300kcal程度です。 基本的には女性は男性より基礎代謝が低くなります。これは女性には妊娠・出産という大事な役目があるので、多くの体脂肪を備えておく必要があり、筋肉量も少ないことによるものです。

基礎代謝は男女ともに10代をピークとし、年をとるにつれて少しずつ減少します。そして40代を境にして急激に低下するのです。そしてこの基礎代謝の低下が中年太りを引き起こす原因のひとつとなっています。基礎代謝の35%は筋肉により消費されているといわれています。基礎代謝の低下を抑えるには、筋力の衰えを防いで維持するように鍛えることが重要です。

食事制限によって摂取エネルギーを抑えることで、基礎代謝が低下してしまいます。摂取エネルギーが少なくなると、身体がエネルギーを節約しようとして内臓の働きも抑制されてしまうのです。さらに身体は餓鬼状態に備えて脂肪をため込むようになり、できるだけ消費しないようになるのです。基礎代謝が低下すると、血液の循環が悪くなって身体が冷えてさまざまな症状を引き起こします。基礎代謝は元気な身体かどうかのバロメーターなのです。

中年太りと運動


運動
ストレッチ
ウォーキング
基礎代謝
基礎代謝の低下



三軒茶屋の歯医者
一般歯科・小児歯科・予防歯科・歯周病・審美歯科なら『コイズミデンタルオフィス』