基礎代謝の低下

基礎代謝は歳を取るごとに低下してしまいます。中高年になったら、少しずつ食事制限をして食事量を調整したり、運動を行ったりすることで基礎代謝の低下による影響を減らしていきましょう。

基礎代謝は、生まれてから成長するごとに高くなっていき、18歳〜20歳前後をピークとして、その後は徐々に下降していきます。個人差はあるものの一般的に40歳を過ぎると急激に下降するといわれています。この急激な基礎代謝の低下が中年太りを招いてしまいます。

また、基本的に女性は男性に比べて基礎代謝が低くなっています。これは女性が人生のうちで妊娠や出産といった大事な役目を果たすために、より多くの体脂肪を蓄える必要があり、もともと筋肉量が少ないからです。また女性は更年期にホルモン分泌量が急激に減ってしまうこともあり、比較的中年太りしやすい体質となっています。

加齢とともに基礎代謝が低下してしまうのは、筋肉が衰えてしまうことと心肺機能が低下してしまうことが原因となっているようです。筋肉量が増えることで基礎代謝が高くなりますが、筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が低下してしまいます。

中年太りにならないためには、筋肉量を増やして基礎代謝が低下してしまうのを防ぐ必要があります。筋トレを行って筋肉量を増やして、腹式呼吸をすることで横隔膜を鍛え、また有酸素運動を行って心臓や肺などを鍛えることで、基礎代謝量が増えていきます。基礎代謝量が増えると、太りにくい体になって生活の質の向上につながっていくでしょう。

中年太りと運動


運動
ストレッチ
ウォーキング
基礎代謝
基礎代謝の低下



ティアモ カラコン
ティアモのカラコンを購入するなら当サイトで!

アングリッド
アングリッドの購入ならもうひとつのクローゼット「チョコア」。全品送料無料です!